おなまえ
Eメール
タイトル
コメント
参照URL
添付File
暗証キー (英数字8文字以内)
画像認証 (右画像の数字入力) 投稿キー
文字色
動点問題

面積比の解き方ありがとう御座いました。
とても苦手な動点の問題もよろしくお願いしますお願いします。

まるこ 2016/04/01(Fri) 11:31 No.22 [返信]
Re: 動点問題
動点問題はよろしくお願いします。ファイルの添付が忘れた。

まるこ 2016/04/01(Fri) 11:33 No.23
Re: 動点問題
@xの変域が 0≦x≦6のとき
y=8x (3x+5xより)
Axの変域が 6≦x≦10のとき
△AQCの面積a、△APCの面積bとすると
△AQC=△EQC+△AEC
a=5(11-x)+5より
a=-5x+60
△APC
b=3x
B四角形AQCP=△AQC+△APCより
y=-2x+60
xの変域が 10≦x≦11のとき
y=△ADC+△EQC+△AEC
y=30+5(11-x)+5
y=-5x+90

Sを求めるとx=9よりAの式にx=9を代入すると
S=42となる。
差が6となるのは42−6=36のときで
y=36となるのは、@、Bの式のときで、
それぞれy=36とすると
@より
36=8x
x=9/2
Aより
36=-5x+90
5x=54
x=54/5
またxの変域が 9/2≦x≦54/5 において
面積yの値が、42+6=48 を超えることはないので、
この9/2≦x≦54/5の間は差が6cm^2以下となることが分かった。

よって 9/2秒後から54/5秒後まで
じゃないかな・・・
管理人 2016/04/02(Sat) 03:50 No.24
Re: 動点問題
差が6になるときで、36と48を一度に検証して、
48を超えることはないので、36より小さくならない条件を考えればいいんですね?
管理人 2016/04/02(Sat) 03:53 No.25
教えてください。

この二つの問題の解き方を教えてください、お願いします。

まるこ 2016/03/29(Tue) 13:36 No.20 [返信]
Re: 教えてください。
△PFR+四角形RFHQ=平行四辺形PFHQ (これがS_1)だと思うんですね。

平行四辺形PFHQ=(1/4)×(ひし形AFHC)・・・*
ひし形AFHC=2×△AFCより
これを*に代入すると
平行四辺形PFHQ=(1/4)×2×△AFC
よって 
平行四辺形PFHQ=(1/2)△AFC
したがって
S_1=(1/2)S_2
2S_1=S_2
ゆえに
S_1 : S_2=1 : 2・・・(答え)
かな?

図を参考にしてください。

管理人 2016/03/30(Wed) 02:57 No.21
空間図形総合15

このサイトの問題について質問です。
空間図形総合15(2)Aの問題で、自分の答えと解答は違っていましたが、自分の解答がなぜ違うのかわかりません。間違っている点を指摘してもらいたいです。宜しくお願いします。
 私は、四角錐の底面積PBCQを7√7/6と求め、高さDQ=√14/2で体積を求め、49√2/96になりました。 DQはこの立体の高さにならないのですか?
 

hitomi 2016/03/06(Sun) 01:48 Home No.15 [返信]
Re: 空間図形総合15
汚い字でごめんなさい。
交わる2直線に対して垂直がいえないと、空間では垂直とは言えないんです。気を付けてくださいね。

管理人 2016/03/06(Sun) 03:14 No.16
Re: 空間図形総合15
画像はクリックしてみてください。
管理人 2016/03/06(Sun) 03:16 No.17
Re: 空間図形総合15
丁寧な解説ありがとうございます。
納得できました。
hitomi 2016/03/06(Sun) 23:51 No.18
食塩水の塩の量

こんにちは

問;「実験で用いた食塩水は、10%の食塩水であった。10%の食塩水100gの濃度を20%にするには、何gの食塩を加えるとよいか求めなさい。」
答えは、12.5g
と、なっているのですが、途中にどんな式を入れればよいのか分かりません。
教えて下さいm(_ _)m

ヨッシー 2016/02/22(Mon) 01:05 No.11 [返信]
Re: 食塩水の塩の量
10%とは濃さでいいのでしょうね?
それを前提で行きますと。
加える食潜水をxgとすると、
(10/100)×100+x=(20/100)×(100+x)
これを解いて
1000+100x=20(100+x)
80x=1000
x=12.5
よって12.5gだと思う。
食塩水の問題は基本的に食塩がどう動くか考えればいいので、
食塩=(濃度(%)/100)×(食塩水の量)
を基本に式を作っていきといいでしょう。
上の式も食塩のやり取りで式を作っています。
名無し 2016/02/23(Tue) 09:51 No.12
Re: 食塩水の塩の量
答えてくださってありがとうございます!!
理解できました😊😊😊
ヨッシー 2016/02/24(Wed) 21:59 No.13
Re: 食塩水の塩の量
あ、すみません 最後、絵文字入れたら文字化けしちゃいました。。。
ヨッシー 2016/02/24(Wed) 22:03 No.14
式の利用・文字を使っての証明

こんばんは。東京都の高校受験問題をしているんですが、分かりません。誰か教えてください(>_<)

権兵衛さん 2016/01/19(Tue) 21:53 No.9 [返信]
Re: 式の利用・文字
こんにちは
では証明しましょう。
求める面積をQとすると
Q=πc^2×a/360−πd^2×a/360
となり、これが次のように変形できる。
Q=π×a/360×(c+d)(c−d)・・・@
次に
2πc×a/360=m・・・A
2πd×a/360=l・・・B
c−d=r
であるから、@をさらに次のよう変形する。
Q=1/2×2π×a/360×(c+d)×r
 =1/2×(2πd×a/360)×(2πc×a/360)×r
これとA、Bより、整理し、
Q=(1/2)r(l+m)となる。

以上になります。
ラック 2016/01/23(Sat) 12:27 No.10
処理 記事No 暗証キー

- JoyfulNote -