プロレスにはまった中学時代

こんにちは。相城です。

さて、中学時代にプロレスにはまってたので、そのお話しです。

プロレスを見るきっかけ

きっかけは小6生のころだったかな?友達が「昨日タイガーマスクすごかったよな。」と言っているのを耳にしてからでした。初めは何のことかわかりませんでした。うちの家は結構堅物な家で、祖母あたりは11以降のテレビは禁止。プロレスなんて野蛮なものは見ちゃダメという人柄だったので、友達のタイガーマスクって何だろうとプロレスを知るきっかけとなりました。

金は新日・土は全日

それから、プロレスのTVをつけ、タイガーマスクの戦い方を見て、これはすごいとなり、タイガーマスクを応援していったのですが、TVを見るたびにこんな野蛮なものと後ろから声が聞こえてくるので、いい加減腹が立ってきてじゃ見なきゃいいでしょと言い返しておりました。で、結局食事のときとか見ることになって、タイガーマスクをテレビで応援するようになり、そのころ徳島県では金曜日は新日本プロレス、土曜日は全日本プロレスといった具合に放送していたので、それを毎週見るようになりました。

初代タイガーマスクへの憧れ

初代タイガーマスクの空中技はそれは見る人を魅了し、私も弟を相手によく真似して戦ったものです。佐山サトル氏は今でも私の中では輝く存在です。ローリングソバットは彼の代名詞で、これもよく真似して遊んでました。我々の世代、昭和40年代は初代タイガーマスクにはまった人は多いのではないでしょうか。

徳島でのプロレス観戦の思い出

徳島に新日本プロレスがやってくるとのことで、母におねだりして徳島市立体育館に兄弟で観に行きました。当日試合前に市内でアントニオ猪木さんに遭遇し、サインをいただき、その様子を写真に収めました。控室前でハルクホーガンにもサインしていただきいい思い出ができました。ただ、花道まで行って選手にボディタッチしようとしたら、誰かにぶん殴られていたい思いをしたのを今でも覚えております。以下現在持ってるサイン色紙。藤波選手、ジャイアント馬場選手のサインは友達からもらったものだと思います。ホーガン選手の右下の字は一番を表す漢字です。もう一枚の方にはきれいに書いてあります。

コミック・雑誌との関わり

当時のプロレス雑誌はDXプロレス、週刊ゴング、週刊プロレスなど買ってました。コミックはプロレススーパースター列伝を全巻読んでました。そのころ絵が好きでプロレスラーのデフォルメ画を描いては投稿してました。いくつか採用されたのですが、手元にあるものをご紹介。初代タイガーがマスクを脱いだときの雑誌に掲載され嬉しかったのを憶えています。イラストの相手は長州力です。

以下の写真をインスタからどうぞ

今でも欲しい初代タイガーマスクのマスク

最後に、今でも初代タイガーマスクのマスクは手元に欲しいですね。特にOJISAN製の牙付きあたりは。

ではまた。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)