社長になってくれ、に騙されるな

こんにちは。相城です。高校の時に友人が私に教えてくれた言葉です。

社長にしてそこへ通わせてそいつ名義でお金借りて、借金を背負わせるという方法らしいです。
社長ってなんか1人しかいないイメージがありますが、実際は何人いてもいいようです。私が愛知県の法務局に出向いて調べたKIワー〇ドという会社には3人社長がいて、代表取締役に1人おりました。

では実際には本当に社長になってくれと電話があるのでしょうか?私の体験談ではこうです。「アルバイト的なことをしてくれないか。」という感じですね。何ともあいまいな含みの大きいニュアンスで話を持ってきます。それでバス通勤とかバイク通勤とかいろいろな方法で通勤してるようにしてお金を借り入れるんだと思いますよ?その辺の仕組みはよくわかりませんが。

まぁ甘い言葉には気を付けよう。社長になってくれないかと言われたら、「嫌です。」ときっぱり言うか、「代表権はくださいね。」と言い返すかどちらかでしょう。結構ですはあいまいな言葉なので禁句です。

自分で会社つくっちゃえば大丈夫かもね?適当に言ってますけどね(笑)

それではまた。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)