成りすます方法③

成りすます方法をご紹介しておりますが、世の中は色んなことがありますからね?さてとりあえず成りすます方法はこれで最後にしておきましょう。これらも私の妄想で小説のネタ程度と思ってください。

もう一つは、以前住んでいた住所の番地を1つ変えて、そこに住民税を7年間分?払ってそこに住んでいたことにする方法です。実際私は〇〇〇〇1番地〇〇寮に住んでいましたが、住人から1番地の1に変わったと教えていただきました。そして、そこに住民税を投入し私に成りすましたようです。その私の成りすましAは、私の部屋に泊まりに来ました(そのとき私は成りすましとは気づいていない)。この場合通常では7年間分の納税通知が送られてくるのがパターンで、それを受け取った後に何か贈り物が送られてくるのがきまりです。これは愛知県のテレビでやっていて覚えていたんです。その贈り物を受け取らなければ大丈夫です。私の場合、納税通知が来ました。それと贈り物は成りすました人が持ってきた、自分の過去の個人情報(写真など)。私は泊まりに来た時感じなかった疑念がふつふつと湧き上がってきたのでした。もしかしたらこいつが成りすまし?って。そこで念のため交番に行って警察の人に、何日間持っていたら受け取ったことになるのか聞いて、その当時お巡りさんから、2、3日と聞いたので、その人がその晩限りで出て行ってから、それら処分しました。その人は泊まりに来た夜、私を犯人にするために、私の声を録音して、作戦を決行しましたが、結果的に自分が違う世界に行く羽目になったようです。実際のところ納税通知が送られてくるのは稀で、わからないようにするのが手口です。ただ、その近辺でひとからただ(無料)でなにかお土産とか、お菓子とかいただかないことですね。昔からタダより怖いものはないと言いますよね。このことを指してるんだと思いますよ。

上記である会社の社長さんが登場しますが、その娘さんに私の成りすましAが近づいた方法を紹介します。ある日、知〇にある常連のお好み焼きのおばちゃんから、結婚相手探してあげるから、釣り書を持ってきてと言われ、後日持参しました。そして持ってきたのが上記社長さんの娘さんだったのですが、私はまだいいよって断って返してたんですよ。でしばらくしても私の釣り書は返ってこない。???と思った私は、かまをかけたんですよ。返してくれないと民事で訴えるよと。そうしたら返ってきたんです。余計におかしくなちゃって。
そして、そのとき勤めていた会社を辞めて次の就職先を見つけて就職したら、たまたまその娘さんの父の会社だったんですよ。社長と直接話すようになって、さっきの話とか、娘さんの写真をいただいたことなどを話していくうちに、社長さんがいろいろ調べてくださったんです。どうも釣り書の写真をすり替え、私の経歴を使ってその女性に近づいていたようです。

この背景にあったのは当時勤めていたS社のT氏(当時は退社していたかも)とH屋の女将が結託して刈〇地区を制圧するというものでした。これはT氏が直接私に話したことなので、事実だと思います。まぁまんまと堅気の私が巻き込まれていったわけですが、上記の社長さんが刈〇で力を持っていたようです。ですから娘さんに近づいたのだと推察いたします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)