QuickLatexで文書を書いてみよう

Quicklatexで文書作成

こんにちは。相城です。
QuickLatexのインストールとセッティングは終わりましたか?
先ずなんでもいいので書いてみましょう。
WordPressで文を書くとき文頭に$\text{[}$latexpage$\text{]}$
と書いて\$x\$としてプレビューを押してみましょう。すると、$x$と表示されているはずです

TeXの文書を部分的に使うときは

もしTeXの文書を部分的にTeXを使うのであれば$\text{[}$latex$\text{]}$$\text{[}$/latex$\text{]}$で囲った部分だけ数式扱いできます。このときは、文頭にlatexpageのショートコードはなくても動きます。ただ、以下に示しているのですが、一部それではきちんと動作しないこともあるようですので、latexpageのショートコードは置いておく方がよいかもしれません。

コードをテストしよう

QuickLatexのプラグイン設定でGetting startedのところにあるコードをコピーペーストして、動かしてみました。以下の英文はlatexpageのショートコードがない状態で、$\text{[}$latex$\text{]}$$\text{[}$/latex$\text{]}$で英文を囲ったものです。最後に3つ??がありますが、latexpageのショートコードで囲めば、??3つではなく1、2、??と表示されます。これはバグなのかなぁ?システム上そうなるのかなぁって感じてます。

    At first, we sample $f(x)$ in the $N$ ($N$ is odd) equidistant points around $x^*$:\[   f_k = f(x_k),\: x_k = x^*+kh,\: k=-\frac{N-1}{2},\dots,\frac{N-1}{2}\]where $h$ is some step.Then we interpolate points $\{(x_k,f_k)\}$ by polynomial\begin{equation} \label{eq:poly}   P_{N-1}(x)=\sum_{j=0}^{N-1}{a_jx^j}\end{equation}Its coefficients $\{a_j\}$ are found as a solution of system of linear equations:\begin{equation} \label{eq:sys}   \left\{ P_{N-1}(x_k) = f_k\right\},\quad k=-\frac{N-1}{2},\dots,\frac{N-1}{2}\end{equation}Here are references to existing equations: (\ref{eq:poly}), (\ref{eq:sys}).Here is reference to non-existing equation (\ref{eq:unknown}).

次のテストです。文頭にlatexpageのショートコードを書いておけば、以下のコード単体で動きますが、文頭にlatexpageのショートコードがなくても①のところに$\text{[}$latex$\text{]}$、②のところに$\text{[}$/latex$\text{]}$をおいて囲ってやることで緑のように表示できます。※①、②は便宜上つけています。

①\[
   \quicklatex{color=”#00ff00″ size=25}
   \boxed{f(x)=\int_1^{\infty}\frac{1}{x^2}\,\mathrm{d}x=1}
\]②

上のコードを以下のようにするとその下の緑のように表示されます。

$\text{[}$latex$\text{]}$\[
   \quicklatex{color=”#00ff00″ size=25}
   \boxed{f(x)=\int_1^{\infty}\frac{1}{x^2}\,\mathrm{d}x=1}
\]$\text{[}$/latex$\text{]}$

    \[      \boxed{f(x)=\int_1^{\infty}\frac{1}{x^2}\,\mathrm{d}x=1}\]

TiKZのテストもしてみよう

\begin{tikzpicture}
[+preamble]
   \usepackage{pgfplots}①
   \pgfplotsset{compat=newest}②
[/preamble]
   \begin{axis}
    \addplot3[surf,domain=0:360,samples=40] {sin(x)*cos(y)};
   \end{axis}
\end{tikzpicture}

このコードを$\text{[}$latex$\text{]}$$\text{[}$/latex$\text{]}$で囲ってみると

Rendered by QuickLaTeX.com

コードの①、②はQuickLatexのAdvanced画面でプリアンブルをあらかじめ入力しておけば、$\text{[}$+preamble$\text{]}$$\text{[}$/preamble$\text{]}$は省略できます。ちなみに式を変更しているので、サンプルと結果は異なります。
現場からは以上です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)