受験算数:倍数算(和が一定)の解法

こんにちは。今回は受験算数の倍数算を扱ってみたいと思います。倍数算の中でも和が変わらないものをやってみようと思います。例題を解きながら見ていきましょう。

例題:倍数算(和が一定)

兄と弟の所持金は, それぞれ2500円, 1000円です。兄が弟へいくらかお金をあげたので, 2人の所持金の比は9 : 5になりました。兄が弟にあげたは金額は【  】円です。

解法を見てみよう

ポイント
倍数算の中でも2人の間での金額や枚数のやり取りでは, 2人の金額や枚数の合計が初めのときと変わらないことに着目して解くことが多い。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)