高校数学:三角関数を含む方程式と解の個数・青山学院大学

こんにちは。三角関数を含む方程式と解の個数を問う問題です。それではどうぞ。

青山学院大学の問題

方程式\sin^2\theta-k\sin\theta+\dfrac14=0\ (0\leqq\theta<\pi)について,
(1) 4つの解を持つのは【 】<k<【 】の場合である。
(2) 3つの解を持つのはk=【 】の場合である。
(3) 2つの解を持つのはk=【 】または, k>【 】の場合である。
【青山学院大】

プリントアウト用pdf

解答pdf

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)